中国 四川省 成都 日常ブログ

中国 四川省 成都を中心とし、日本人の僕から見た中国を赤裸々に綴ってます

便利すぎるスーパー盒马鲜生

《中国の斬新なスーパーマーケット》

(盒马鲜生)

マンションから徒歩で1分のところに何から何まで便利なスーパーがあります。

盒马(ハゥマー)というスーパーです。

f:id:Chengdu:20190701010553j:image

このスーパー、アリババが経営してまして

2016年に上海で1号店がオープンされ、今では中国の主要たる都市に店舗があります。

ここ成都にも少なくとも3軒は目にしました。

このスーパー、さすがアリババが経営してるだけに支付宝(Alipay)と紐つけする事で 決済や宅配サービスがめちゃくちゃ便利になるのです。

まずは外観と店内の写真です。

f:id:Chengdu:20190701010653j:image
f:id:Chengdu:20190701020320j:image

入口が2箇所あり、店内に入ればとても綺麗
f:id:Chengdu:20190701010643j:image
f:id:Chengdu:20190701010647j:image

日本の商品も数多く売ってます。ちなみに日本の商品が成都で何とか目にできるスーパーは、この盒马とイトーヨーカドーくらいです。

f:id:Chengdu:20190701010819j:image
f:id:Chengdu:20190701010822j:image

獺祭まで売ってましたー。

それとパン類が値段は高いけど とても美味い

f:id:Chengdu:20190701020544j:image

店内で買い物するスタイルは普通のスーパーと何ら変わりません。

f:id:Chengdu:20190701010849j:image

(豚肉のラベルに子豚 載せるのはやめて欲しい…食う気が薄れるやん…)

店内を徘徊してますと、あちらこちらで見かけるのがこのスタッフたちです。

f:id:Chengdu:20190701010913j:image

僕らと同じように買い物をしてるのです。

慌ただしく、横の客を気にすることなく商品をエコバッグに入れていきます^^;

なぜ彼らはこれほどまでに急いでるのか…

それは盒马のこの宅配サービスのためです。

f:id:Chengdu:20190701010933p:image

このアプリもiPhoneでダウンロード可能です。このサービス、アリババ経営なだけにシステムがかなり構築され充実してます。

アリペイさえ持っていれば、盒马のアプリをダウンロードして日本の携帯番号での登録も可能です。店内に入ればサービスカウンターがあるので、問い合わせれば親切に教えてくれます。

 

逆に言えば、このアプリがないと買い物できないのです…。

というか、アリペイを持ってないと現金支払い不可のスーパーなのです…( -'д-)y-~

買い物が済めば レジはセルフのみです。係の女の子が居ますので 使い方の分からない年配者等に説明してはります。

自分で商品バーコードを機械に通して 決済します。大きな液晶画面に写真付きで個数と金額が表記されますので 確認はとてもしやすい。

合計金額が間違ってないことを確認したら、自分用の支払いコードを機械に翳すと、紐つけされてるアリペイから即座に送金されるシステムなのです。

ですので、レジ前で日本のスーパーのようにズラーッと並んでることは少ないですね。

やっぱり現金レスは混雑を解消しますよ。

 

話は店内に戻しますが、スタッフが慌ただしく買い物してるのは、このアプリ内にある宅配サービスの受注通りに客の代わりに買い物してるわけなのです。

f:id:Chengdu:20190701011155j:image

彼らが手にしたバッグは、店内の天井にベルトコンベアが備えつけてあり、天井をつたって配達員の下まで運ばれていきます。

f:id:Chengdu:20190701011218j:image

めちゃくちゃ合理的です。

うちのマンションから盒马に行くまでに宅配係の人達がこれまた慌ただしく出たり入ったりしてます。

 

(青いバイクをよく見かけます)

最終的に彼らがアプリを利用した客のもとへ配達するわけです。

因みにこのアプリで僕はいっぺんやらかしてしまった事があるんです…。

日本に帰ってて、一緒に食事をしてた方に、この盒马の宅配サービスについて画面を通じて  詳しく解説してました。

f:id:Chengdu:20190701012219p:image

「ほら、これ、見てくださいよっ、ありとあらゆるものが買えてしまうんすよ!」

「こうやって適当に買い物して買い物カゴに入れてってね、そのあとこの一番下の去结算を押したら速攻でマンションまで届けてくれるんですわ」

f:id:Chengdu:20190701012338p:image

で、話を止めときゃええものの僕は一番下にある去结算までタップしたわけです…。

そうすると即座に顔認証されてしまいまして、日本に居ながらお買い上げしてもたわけです…。

「説明してくれるんはええけど、これ買ってしまったんちゃうんか?日本まで届かんか?」と

(-。-;

「いえ…アプリに登録してるのは成都の住所なんす…」

「お連れさんマンション居てくれてるんか?至近距離にあるんやったら 速攻配達されるんちゃうんか?」

「いえ…お連れさん、今出かけてるはずです…。ちょっとwechat します…」

你在日本为什么给我添麻烦?

アナタハニホンニイルノニ ドウシテワタシニメイワクヲカケルノ?

結局はお連れさんが、すぐに盒马に連絡をして配達時間をずらしてもらう事で事なきを得ました(^_^;)

そんなこんなで便利な反面、便利すぎてとんでもないことになることも注意が必要です!