中国 四川省 成都 日常ブログ

中国 四川省 成都を中心とし、日本人の僕から見た中国を赤裸々に綴ってます

迷ったら最悪だしね 中国 地図アプリ

《中国で道に迷ったら最悪》

(高德地图と百度地图)

超有観光スポットここ成都でも北京でも中国に入国すれば、Googleマップは詳しく載ってません。方角だけ見たい時は稼働することはしますが、ほとんど役に立ちません。

中国でマップを見るのは 代表的なアプリとして高德地图と百度地图があります。どちらが良いかはそれぞれみたいですが、一般的には高德地图を使ってる人が多いです。

f:id:Chengdu:20190709013046p:image

日本のApple Storeからダウンロードできます。

f:id:Chengdu:20190709090021p:image

成都市内において、同じ場所の地図表示はこのような形です。1枚目は高德地图で2枚目が百度地图です。

f:id:Chengdu:20190709090455j:image
f:id:Chengdu:20190709090457j:image

詳細地図表示

f:id:Chengdu:20190709090622j:image
f:id:Chengdu:20190709090625j:image

それぞれ2枚目百度地图の方が多彩で詳しく見やすい気がします。この2つの地図アプリそれぞれ特色があります。例えば現在地と行き先を指定すれば、このような表示となります。

f:id:Chengdu:20190709092309j:image

f:id:Chengdu:20190709092346j:image

1枚目の高德地图の方が、とてもシンプルですが、何分後に到着するのかが分かりやすく、タクシーの料金も分かり易いです。タクシー専用アプリの事情はまた今度お話しします。

ただ遊び心があるのは百度地图の方で、Googleストリートビューのような設定が可能です。

f:id:Chengdu:20190709093522p:image

全景地图という部分をタップすれば主要な地域は写真で回遊することが可能です。

f:id:Chengdu:20190709093658j:image

f:id:Chengdu:20190709093718j:image

(写真は成都市内)

僕はこの全景地图を見るのが好きで、日本に居ててもたまに開いて 中国国内の観光巡りをしています(笑)

一長一短ある2つのマップアプリなので、両方ダウンロードされる事をオススメします。因みにタクシードライバーは車内に装備されてるナビは使いません。

ほとんどのドライバーが高德地图を使って、僕たちを届けてくれます。標準装備のナビの性能が悪いのかどうか、それともその他の情報とリンクできる携帯の方が使い勝手がいいのか不明ですが、みんな携帯のマップアプリを使用しています。

この二つの肝心な性能においては、車移動の場合はなかなか忠実に案内しますが、徒歩の場合は初っ端の方向を示すのが時間かかるんです…だから目が回るわけです…。

成都は特に街全体が円周を描いてるような形状なので 余計に目が回る。

確かにGoogleさんほど性能は良くないと思いますが、中国でGoogleマップさんは意味を成さないアプリなので、中国に渡航される際はこのアプリたちをダウンロードしておいた方がいいと思います。

タクシーにぼられないための抑止力にもなりますしねw